ライフスタイル

日本の伝統玩具「けん玉」がお家時間をもっと楽しくする

“KENDAMA”として海外でも人気のストリートカルチャー

今や海外でも人気のけん玉は、集中力を高めるためアスリートがトレーニングやルーティンワークに取り入れていると話題になりました。
各地の小学校でけん玉が授業に取り入れられており、教育的効果が期待されています。

日本の伝統玩具「けん玉」でお家時間をもっと楽しくしてみませんか。集中力が養われて子供達の勉強もはかどるかもしれませんよ!

木目の質感を活かしたシンプルなデザイン

競技用けん玉「大空 けやき」 ¥3,278(山形工房)

今やカラフルに塗られた様々な色のけん玉があります。一方で木材の質感を最大限に生かした無塗装のけん玉もあるんです。使われる木材によって色も香りも音も変わってくるんです。

バイカラーはデザイン性だけでなく技の成功度向上にも

競技用けん玉「大空 REShape2 Red&Silver」 ¥3,960(山形工房)

おしゃれなバイカラーのけん玉。実はデザイン性だけでなく2色になっていることで玉の回転のわかりやすくなっているんです。
各皿、開口部の大きさにこだわり、より技の決まりやすく工夫されている商品です。

認知症予防に効果を発揮!

福祉けん玉「大晴 青」¥2,728 (山形工房)

けん玉は子供の遊び道具にとどまりません。指先を使い、リズミカルに膝を屈伸させるため、もの忘れや認知症予防にも効果的だと言われています。
皿が大きく設計されているこの商品は技が決まりやすく、初心者にもおすすめ◎


山形工房のWEBサイトで技の解説動画を見ることができます。
けん玉初心者でもわかりやすい動画でした。ぜひチェックしてみてください!
https://www.kendama.co.jp/movie.html

有限会社山形工房
https://www.kendama.co.jp/